新着記事

2005年03月16日

菌床生しいたけ

★★★★★★★★★★


■しいたけの栄養と効能
ビタミン・食物繊維・カロリーが豊富なきのこ類は、不眠症・神経過敏症・動脈硬化・高
血圧・免疫力向上(花粉症・アトピー)などに効果があり、昔から風邪の妙薬として民間
療養につかわれてきました。その効果は、いまや医者も認め、様々な研究発表がされてい
ます。

■しい茸の驚くべき効果
■動脈硬化・高血圧
近年、コレステロール値を下げる効果のある物質がしい茸の中から見つかっています。
それは「エリタデニン」と「フィトステリン」で、これが血液中のコレステロールを下げ
る効果のある成分です。しかもエリタデニンは血圧を下げる効果(その他 ビタミンB12)
もみとめられております。

■免疫力(花粉症・アトピー)
免疫機能を活性化することで、最近注目の「βーDグルカン」もしい茸の成分の中に入って
ます。病原体や癌細胞を発見し免疫体に伝達する役割のサイトカインの働きを正常化し、
免疫体も正常に働かせる効果 のあるーDグルカンは花粉症や、アトピーのアレルギーにも
効果があります。 そして、「レンチナン」というキノコ特有の成分で、これは抗癌作用が
あることが分かっています。

■風邪の妙薬
しい茸は昔から風邪の妙薬としても知られてきました。ビタミンB1、B2、C、アラニン、
ロイシン、各種ミネラルなどが含まれているためです。
・ しい茸と氷砂糖を煎じたものを飲むと熱が下がりせきも止まります。
・ しい茸と干し柿のスープを飲んでも効果 があります。

■不眠症・神経過敏症
不眠症・神経過敏症にも効果があると言われています。
しい茸酒を作って飲んでみてください。ぐっすりと眠れます。お酒がダメな方は刻んだ干
ししい茸に熱湯を注いで、お茶のかわりに飲んでも効き目があります。

■菌床椎茸の安全性・・・
椎茸以外の栽培キノコのほとんどは菌床栽培によって生産されています。そして生椎茸の
生産も半分は菌床栽培によるものです。 菌床は主原料のオガクズ・ブナに栄養体を混合し
て元気な菌床が作られています。添加される栄養体は、小麦のふすま・トウモロコシ等の
穀物でできています。つまり、自然の有機素材だけを原料として栽培されているのです。
椎茸に限らず、国内産の菌床きのこは非常に安全性の高い食品と言えます。食の安全と言
う観点から国産の生産者の顔が見える安全な商品を選びましょう。

■椎茸の味
生椎茸の消費拡大のためには、もちろん「味」も重要です。スーパーで売られる多くの農
産物は、産地や品種で味も価格も異なり消費者もそれを選択することができます。しか
し、椎茸にも多くの品種があり味も食感も異なるのに販売に生かし切れていません。生産
者が直販しない限り、味では流通しにくい食品であると言えます。椎茸の販売に「味」の
要素を加えるためには、何より生産者自身が美味しいと感じる椎茸を栽培することである
と思います。 弊社の推進するM式菌床栽培はオガクズ(木)という素材を充分に生かした
自然培養自然栽培によるシステムで、美味しい菌床シイタケの生産と流通を目指していま
す。






posted by すぴっつ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2436908

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。