新着記事

2005年01月28日

ダイエット・セラピー―読むだけで絶対やせられる

ロングセラーズ ( 単行本(ソフトカバー) 1998/05 )
Rank:3,498
Price:¥ 950
★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


 禁煙セラピー、禁酒セラピーもたいがいトンデモでしたが、この本はそれを上回るトンデモでした。トンデモウォッチャーとしてはたのしめましたけど。
 著者に言わせれば、「野生動物は、食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけ食べているのに肥満にならない」そうです。そうか? 単に野生生物は、食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけ食べられないから肥満にならないんだと思うけど。
 この本の7章の章タイトル「でも、なぜ一番賢い生きもの、人間だけが病気で死ぬのだろう」…( ゜Д゜)ポカーン
 動物は自然においしいものを食ってるから肥満にも病気にもならないけど、人間は、食品メーカーの陰謀で、おいしいと思い込まされているものを食べているから太るんだそうです。では、何を食べればよいのかというと、著者によれば
「調理もせず加工もせずおいしく食べられる食品」
で、
「どんなに考えても、野菜、果物、ナッツ類ぐらいではないですか?」 
だそうです。ここには穀類さえ含まれていません。確かに穀類はナマじゃ食えないでしょう。「食品を摂氏五十度以上に加熱するとバクテリアと同時に栄養素も殺して、食物として完全に死んだものにしてしまうわけです」(p.128)と著者は言います。
 では何を食えばいいのか。まず朝食は果物だけにしろ、と言います。これはまあいいとして、それ以外の著者お勧めの食べ物は「コーンフレークオレンジジュースをかけたもの」…って、コーンフレークは加熱してるやんけ!
 この本は「ダイエットセラピー』」ですから、科学的に正しかろうが正しくなかろうが、読者を「その気」にさせることができればダイエットにつながることもあるんでしょう。でも、提示される事実はデタラメ、1冊の本の中の論理展開もムチャクチャ、こんな本に「その気」にさせられる読者ってのは頭のどこかの大事なネジが外れてるんじゃないですかね。

実はこの本を読む前に少しやせたのですが、後が続かない・・・
そればかりかちょっと油断する(たとえば人にあって一緒に食事するとか)とすぐ太る・・・
やせるために運動していたのだけれどそれが出来ない日はなんだか太りそうで気になる・・・
世間でなにが体にいいとかやせるとか聞くと試してみたくなる・・・
でもって試すと、やたら忙しくてなにがなんだかわからなくなる・・・
そんな焦燥感に似たものが自分のどこかにあってそんな気持ちを何とかしたかった。
で、これを読んですごくよかったです。
たしかに読むだけではやせられませんが、いろんな常識めいたものや
健康情報や文明社会の様々な罠にはまっていた自分を
もう一度はじめから自己問答してゆくことが出来ました。
楽!!ったのはやせたいとか太るかもとか気にしなくて良くなったこと、
健康オタクから完全に抜け出られたこと(体にいいと聞いても試してみる必要がない)、
なにが本当に好きなのか、なにが思いこみだったのかよく考えることが出来たこと、
運動が出来なくても焦燥感を感じなくなったこと、
そして、ゆっくりだけど少しずつ体型が昔に戻ってきていることなどです。
本の中にでてくる「ジャンクフードクッション」という言葉が今
自分たちの間ではやりで、「今日はジャンクフードクッション使ってみるか」とか、
「あんたジャンクフードクッション使いすぎとちゃう?」とか言っています。

「読むだけで絶対にやせられる」なんて、そんなムシのいい話があるわけないと思いつ つも、「もしかしたら?」「どんなことが書いてあるんだろう?」と、タイトルに引かれて買ってしまった私。「なぜ太りすぎのリスいないのか考えよう」「あなたはなぜ食べるのか?」「あなたの大好物は本当においしいもの?」と読み進むうちに、自分の食生活の欠陥が見えてくる。著者の主張はかんたんだ。あなたがほんとうにおいしいと思うものを、ほんとうにおなかがすいた時に、好きなだけ食べれば自然に やせる、という。ただし、私たちは幼時から の思いこみや食品会社の宣伝に乗せられて、 ほんとうにおいしいものを知らないと著者はいう。固定観念を捨てて体の声に耳を傾ければ、肉も乳製品も砂糖も本当はぜんぜんおいしくないはず、本当においしいのはフルーツに野菜、きれいな冷たい水だという。ここまで来ると、いくら固定観念を捨てて、と言われてもちょっとつらいが、それでも、読んで いるうちに「もっと野菜を食べよう」とか「 朝食はフルーツにしよう」とか「おなかがすいていなければお昼は抜こう」とか、ごく自然に思える説得力がある。食べ物の誘惑の多い現代社会、自分の食生活を見直すにはおすすめの、いい本だと思う 。ちなみに、私はこの本を読んで野菜をたくさん食べるようになり、1キロやせました。たった1キロだけどね。


posted by すぴっつ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1747464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。