新着記事

2005年01月27日

「禁煙」科の医者が書いた7日でやめる本―長く吸ってる人ほどやめられるがまんいらずの禁煙メソッド 最新成果の改訂版

青春出版社 ( 単行本 2003/10 )
Rank:3,619
Price:¥ 872
★★★★
通常24時間以内に発送
posted by weLoge


いろいろな本のレビューをみると、いとも簡単にやめたなんて書いてありますが、ホント? つて言いたくなります。
私はヘビースモーカーの部類に属するほうで、今まで何回もいろいろやってきましたが、ホントの話、禁煙というのはなかなかうまくいかないものです。
今回も不信感いっぱいで読んでいきましたが、この本はまじめに禁煙したい人(特に何回も失敗した人)なら誰でも完全に禁煙できるノウハウをきちんと提供していることが分かりました。
いろいろな禁煙成功者の体験談なんかもあり、とても参考になりました。また、面白く読めました。
今回は比較的素直な気持ちになれたので、試しにやってみたら、ほんとうに止めることが出来ました。

最近僕のおばがまだ若いのに喉頭ガンで亡くなりました。一度は手術したのですが再発してしまい、顔がどす黒くなってガリガリにやせてしまい、ひどい苦しみの中で死んでしまいました。
僕もガンになるのが怖いから、なんとしてもタバコを止めなければいけないと思い、何度も禁煙を試みました。しかし、いつも「まー1本くらいいいじゃない?」とすすめられると、つい手を出してしまっては失敗を繰り返してきました。
仲間と飲みに行った時も「今禁煙してるから。」と言うと、「そんなにカッコウつけるなよ、スカしちゃって、バカ、1本くらいどうってことないじゃん。」とついすすめられるままに手をつけてしまう自分でした。この「1本くらい」がアダになって、毎回ザセツを繰り返してきました。
というのは、今まで読んだ本は、タバコについてのものの見方などをかえることにより禁煙する方法で、いちおう心構えはできるのですが、実際ヤバイ状況の時どのようにしたらいいかということは書いてませんでした。でも今回はこの本を読んだおかげで、その様な状況に直面してもバッチリその場にあった対処法が書いてあったので、余裕をもって上手に切りぬけられました。ハハー、あそこに書いてあったな、ウッシッシと。
また、禁断症状が出てどうしても吸いたくなってしまった時どうしたらよいかということも、それぞれの時期、状況に応じた対処法がしっかり書いてあるので、とても頼りになりました。そしてとうとう、「1本くらい、いいじゃない?」から完全に解放されました。
僕は本を読むのが苦手なので、最後の準備編と実践編をしっかり読みました。3分の1くらいのページ吸う、オット、数なので、楽に読めました。
気が向いたときに前の方のいろいろな人の実例を見ると参考になります。
専門の医者が書いていますが、難しくなくって、的確な表現なので読みやすく、医学的な裏付けが納得でき、僕にはとても頼りになる本でした。

まさに理論、実践両面ですぐれた本で、禁煙したい人は,最初からこの本1冊で十分止められる。他の本は必要ない。
禁煙家のバイブルと言って良い。
しかも専門の医者が、分かりやすく書いているので,信頼できる。
特に何回も失敗している人にもってこいの本だ。やさしく指導してくれる。


posted by すぴっつ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。